週末のブランチが、私は大好きだ。

目覚まし時計が鳴らない、しずかな朝。
何に追われることもなく、食事の支度をする。

陽の光が差し込むリビングに、
少し眠そうな家族が集まってくる。

なんてことのない話をしながら、
なんてことのないブランチを食べる、豊かなひと時。

そんな朝は、トマトパスタなんかが丁度良い。

真っ白な器に、鮮やかな赤が食卓を彩る。
トマトの酸味とコクへの想像力が、胃袋を鳴らしてくれる。

材料はにんにく、トマトジュース、パスタだけ。
あとは美しい真っ白の器があればいい。

私の週末料理は、頑張らない。
器が食卓を、豊かにしてくれるから。

 

 

トマトの鮮やかな赤が映える 上品な白のキャンバス。 

 

 < ZEPHYR / ウェーブ・プレート / 25cm >

白い器を使うとき、私はワクワクしてしまう。
キャンバスに絵を描く前のように。

このキャンバスには、鮮やかな夏野菜の料理がとても映える。

トマトパスタに、グリーンサラダ。
あ、ラタトゥイユなんかもいい。

手の混んだ料理でなくても、この器は美しく演出してくれる。

料理を盛りつけてみると、思わずにやけてしまうことも。

 

 

休日は、大皿料理で家族の会話に花が咲く。

 

 < ZEPHYR / ウェーブ・プレート / 31cm >

 

小さい頃、食卓に並ぶ大皿料理を家族みんなで頂くのが好きだった。

そこには、家族の幸せがぎっしり詰まってる。

ウェーブ・プレート31センチは万能。
トマトパスタも、4人分がこの一皿に。

パスタだと取り分けが・・・という人もペンネやファルファッレなら簡単。

イタリア料理以外にも、
エビチリや青椒肉絲のような中華にだって合うから、家庭に1枚あれば重宝する。

平日は、食べる時間もバラバラで小皿中心になることもしばしば。

せっかくの週末、大皿料理が家族の会話を弾ませる。

 

 

ゆらめく形がイタリア料理に映える、モダン有田。

 

 

この器、波打つふちにうっとりしてしまう。

可愛らしさと、大人っぽさが入り交じるデザインは、
食卓にリズムを生む。

このウェーブ・プレートは、「和魂洋才」をコンセプトにしたZEPHYRシリーズの一皿。
「有田からの新しい風」という意味をこめたスタイリッシュなテーブルウェアのシリーズ。

器は色や大きさだけでなく、ディテールで決めるのも楽しい。

 

 

上品で丈夫な有田焼? 食洗機もレンジもOK。

 

 

私は勘違いをしていた。

伝統的な有田焼は、「繊細で割れやすい」と。

ZEPHYRシリーズは、レストランでも使えるように作られているため、厚手で丈夫。
フォークなどの傷もつきにくい。
その上、食洗機やレンジの使用も可能のため、家庭で気軽に使える一皿だ。

※下がウェーブ・プレート31センチ/上がウェーブ・プレート25センチ

 

 

まるでキャンディーのような カトラリー・レスト

 

< ZEPHYR / カトラリー・レスト >

 

このカトラリーレストには、思わず胸がときめいた。

ポップで可愛らしくて、カトラリーをおくのが楽しくなる。
左側のくぼみは箸置きにもなる優れもの。

・・・

さあ、週末は家族でトマトパスタを。

手の込んだ料理でなくていい。
頑張らない日があっていい。

一枚の器が、食事の時間を、食卓を、豊かにしてくれるから。

 

 

<掲載商品>

 ZEPHYR / ウェーブ・プレート S 
 ZEPHYR / ウェーブ・プレート L 
 ZEPHYR / カトラリー・レスト

 

 

<オンラインストアに戻る>

 


 

コラムライター

 

菅原 彩

美味しい食卓・豊かな空間をつくる「食宴プロデューサー」「料理家」。
「食とワインと音楽」をテーマに、ポップアップストアやイベント、料理教室などを運営。
料理と皿のスタイリング/ 食と酒のペアリング/ 食と音のペアリング/ 自然派ワインのセレクト、サーブ/ フードエッセイ執筆/ などの活動をしている。

 トマトパスタのレシピはこちら     Instagram