UTSUÀ/ プレート中/ 20センチ

「今日のサラダ すごくいいね。」

いつだったか。
父に言われたそんな言葉がうれしくて。

それ以来、サラダはひと工夫くわえて
「食べるひとが少しハッピーになるサラダ」
をつくることを心掛けています。

ひと工夫といっても
むずかしい調理をしたり めずらしい野菜をつかうわけではなく
お馴染みの野菜をいつもと違う盛り付け方にしてみたり
いつもと違う器をつかったり
手のかからない ほんのきもちの工夫です。

 

そもそもサラダって なんだろう

 

UTSUÀ/ プレート小/ 14センチ

サラダにはレタス、トマト、きゅうりが必要だなんて
いったい誰が決めたんだろう。

サラダはボール状の器に盛り付けましょうなんて
いつからスタンダードになったんだろう。

サラダにそんな決まりごとはないはずのに
食事の支度をするとき
私たちは頭の中にある「サラダ」のイメージに縛られてしまう。

 

UTSUÀ/ プレート小/ 14センチ

スーパーに並ぶ いろとりどりの旬のお野菜を買って
スライスしたり みじん切りにしたり。

オリーブオイルであえたり 炒めたり。
サラダはもっと 自由でいいと思う。

 

器を変えるだけで いつものサラダが生まれ変わる
ミラノサローネにも出品された有田焼のニューフェイス

 

 

つくり慣れたいつものサラダも 器一枚変えるだけでとても新鮮になります。
私のお気に入りは、有田焼の新しいブランド”UTSUÀ”のプレート。

光沢を抑えたマットな質感のこの器には
何を盛り付けても洗練された大人の顔立ちに。

オランダ人デザイナーとのコラボレーションによって生まれ 
有田焼ながらイタリアンやフレンチにもよくあうデザインです。

 

サイズは3通り。一枚でどんなサラダもよそ行きに顔に。

 

 

14センチ、20センチ、26センチと大中小のサイズが揃っているため
野菜の種類や人数によって使い分けることができます。

それでは”UTSUÀ”に盛り付けるサラダのアイディアをすこしご紹介します。

 

つい冷蔵庫に余ってしまう人参。レンチンで簡単キャロットラペ。

 

UTSUÀ/ プレート小/ 14センチ

冷蔵庫に全然野菜がない!そんなときでも大丈夫。
一番小さな14センチ幅のプレートは 単色の野菜をひきたてます。

何かと冷蔵庫に余りがちな人参を細切りにして、レンジでチン。

オリーブオイルで炒めて軽く塩胡椒で調味すれば
あっという間にキャロットラペの出来上がりです。

 

スライスするだけ。マッシュルームの香り際立つ贅沢なサラダ。

 

UTSUÀ/ プレート中/ 20センチ

サラダにはグリーンがなきゃいけない?
そんな決まりごとはありません。

マッシュルームをスライスして、オリーブオイルをひとまわし。

かるく塩胡椒すれば、贅沢なマッシュルームサラダができあがり。
香り高い生のマッシュルームはワインのお供にもぴったりです。

 

食欲そそる前菜に。夏を感じる桃とモッツァレラチーズ。

 

UTSUÀ/ プレート中/ 20センチ

夏のご馳走、桃。

カプレーゼのように
桃とモッツァレラチーズにオリーブオイルをひとまわし。

リッチな前菜のできあがりです。
ひんやりと冷えた桃は食欲をかきたてるでしょう。

 

普段づかいの食材なのに なんだか新鮮。
アスパラ × ポーチドエッグでワンランクアップのひと皿に。

 

UTSUÀ/ プレート大/ 26センチ

 

「アスパラにはマヨネーズ」が定番ですが
半熟とろとろのポーチドエッグと一緒に頂くアスパラも格別。

26センチ幅の大きなプレートで
余白を大胆に使えば、まるでメインディッシュのような華やかさ。

 

いつもの食材でいい。
少しの工夫で 思わず笑みがこぼれるサラダを。

 

UTSUÀ/ プレート小/ 14センチ

ほんの少しの工夫で

大切なひとの笑顔が見れるなら

今日も上機嫌で ハッピーサラダ!

 

 

<掲載商品>

UTSUÁ / プレート 小   Matt White
UTSUÁ / プレート 中   Matt White

UTSUÁ / プレート 大   Matt White

 

 

<オンラインストアに戻る>

 


 

コラムライター

 

菅原 彩

美味しい食卓・豊かな空間をつくる「食宴プロデューサー」「料理家」。
「食とワインと音楽」をテーマに、ポップアップストアやイベント、料理教室などを運営。
料理と皿のスタイリング/ 食と酒のペアリング/ 食と音のペアリング/ 自然派ワインのセレクト、サーブ/ フードエッセイ執筆/ などの活動をしている。

 トマトパスタのレシピはこちら     Instagram