あなたが好きなパンの食べかたはなんですか?

 

私のお気に入りは ホットチリ チーズトーストです。

食パンにケチャップをぬって
チーズ マヨネーズ パプリカを順にのせたらトースターへ。
パンの耳に焼き目がついたら さあころあい。

仕上げにチリパウダーとチリペッパーを ぱらぱらぱら。
あつあつのうちに タバスコもかけちゃいます。

あー。 ビール・・・。

チリパウダーの香りと タバスコの刺激に誘われて
休日の昼前からビールが飲みたくなります。

ペアリングは、爽快なピルスナータイプのビールできまり!

 

簡単なのにハッピーになれちゃう。パンっていいよね。

 

好きな具材をのせて焼くだけ。
料理ともいえない料理だけど
キッチンに立って たった3分やそこいらで幸せになれちゃう。
だからパンは だいすきです。

 

ポーチドエッグトースト × 白ワイン

 

アスパラに ハムとチーズをのせて。
ポーチドエッグにそっとナイフをいれると とろとろの黄身が・・・
ちょっとだけ・・・白ワイン、あけちゃいますか?

 

サーモンのタルティーヌ × ロゼワイン

 

スモークサーモンとクリームチーズのタルティーヌ。
サーモンの塩味、クリームチーズのコク、ライ麦パンの酸味が絶妙にマッチします。
ペアリングには、華やかなロゼを。

 

燻かつおの和風オープンサンド × ギネス

 

ライ麦パンにサワークリームをぬり
燻した鰹は醤油ベースの和風カルパッチョにしてパンの上へ。
アーリーレッド、レッドペッパーとともに同系色でまとめました。
ペアリングには、黒ビール。ギネスなんかいかがでしょう。

 

夏野菜のタルティーヌ × 赤ワイン

 

夏野菜のオープンサンドは目にも鮮やか。
オリーブオイルと塩胡椒で ほんのり焦げ目がつくまで焼いたズッキーニ、ナス、トマト。
夏野菜の下にはたっぷりのチーズを。
ペアリングは軽めの赤ワインで、休日の昼下がりをもっと優雅に。

 

和食器とパン。ロマンチックなコラボレーション。

 

すべての器には、伝統的な唐草文様が印象的な有田焼を使用しました。

パンは洋食。器は和食器。
異なる文化同士なのに
どこかロマンチックな印象です。

和食器には和食をのせる。
そんな常識を捨てたら
新鮮で可愛らしいヒトサラになりました。

さあ、週末はパン料理で、昼下がりから乾杯しましょう!

 

 

<掲載商品>

唐草変り繋ぎ 8寸皿
唐草流水 8寸皿

唐草丸紋8寸皿

 

 

<オンラインストアに戻る>

 


 

コラムライター

 

菅原 彩

美味しい食卓・豊かな空間をつくる「食宴プロデューサー」「料理家」。
「食とワインと音楽」をテーマに、ポップアップストアやイベント、料理教室などを運営。
料理と皿のスタイリング/ 食と酒のペアリング/ 食と音のペアリング/ 自然派ワインのセレクト、サーブ/ フードエッセイ執筆/ などの活動をしている。

 note     Instagram