「家族のために、おいしいご飯を作りたい」
「節約のために、自炊したい」
「外食ではなく、バランスの良い手料理が食べたい」

そんな風に思うものの、日々のお仕事や家事でクタクタ。
毎日毎日手の込んだ料理を作るのはちょっと大変ですよね。

そんな時、どんぶり料理はいつも心強い味方になります。

どんぶり料理なら、大抵フライパン一つでできるし、
どんぶり鉢に盛り付けるだけで、なぜかテンションが上がりませんか?
食べ応えもあるし、おまけに洗い物も楽チン。
お味噌汁さえ用意すれば、立派な定食が出来上がります。

今回の記事では、簡単にできるどんぶりメニューと、お料理を演出するどんぶり鉢をご紹介します。

 

蓮根と豚肉の甘辛スタミナ丼

 

 

旬入りした蓮根と豚肉を甘辛く味付けしたボリューム満点のスタミナ丼です。
蓮根と豚肉をさっと炒め、醤油、酒、みりんで味付けするだけ。
仕上げに糸唐辛子を添えれば完成です。

使用したどんぶり鉢は、山口洋一シリーズの丸地紋 二方深鉢

 

 

伝統的な藍色が落ち着いた印象を保ちつつ、
遊び心のある手書きの絵柄が、食卓に優しい印象を与えます。

 

 

トマトと卵の中華炒め丼

 

 

ヘロヘロの仕事帰り、お買い物に行くのも面倒なとき、ありますよね。
そんな時は冷蔵庫にある食材だけで作れるメニューを押さえておくと、心強い。
材料はトマトと卵だけ。味付けは、豆板醤、醤油、酒、砂糖。
見た目にも鮮やかでボリュームも満点のどんぶりメニューです。

使用した器は、そうた窯シリーズの花弁紋(赤)手造り飯碗

 

 

洗練されたデザインながら、どんな料理にも合う万能な一皿です。
冷蔵庫の余りもので作ったメニューも、朱色の器を使いこなすとグッとお洒落に。

 

 

とろカツオ丼

 

 

脂がのった旬のカツオ丼です。
大葉、生姜、茗荷、ネギなど、薬味をたっぷりと添えて。

使用した器は、そうた窯シリーズの花弁紋 手造り飯碗

 

 

和洋中を問わずどんな料理にも合うため、大変重宝します。
どれを買おうか迷っている方にぜひオススメしたい一枚です。

 

 

お子様丼

 

 

こんがり焼いたウィンナーと目玉焼き。
ご飯の上にのせてしまえば、元気の良いどんぶりメニューに。
全く手の掛からないメニューだけど、なんだかワクワクしませんか?

使用した器はZOAデイリーシリーズのKACHOボウル

 

 

伝統的な有田焼の職人技に、洋のテイストで梅を描いたポップで粋な一枚です。
サラダやシリアルボウルとしても使えます。

 

 

和風ステーキ丼

 

 

ちょっといいことがあった日は、ステーキ肉なんか買ってみたりして。
両面を強火でさっと焼き目をつけたら、アルミホイルに包んで余熱で調理するだけ。
にんにく醤油をひとかけすれば、ご飯が進む一品に。

使用した器は、ZEPHYRシリーズのラウンド・ボウル刷毛です。

 

 

有田焼の美しい白磁に、力強い藍の一本線が映える、存在感のある一皿です。
洗練されたシンプルなデザインのため、スープやサラダなど、アイディアで幅広く使えます。

 

今回ご紹介したどんぶりメニューは、全て10分足らずでできあがります。
どれもこれも一般的な食材で、手の込んだ調理もしてないけれど、
気の利いた器のお陰で、たちまち素敵な一品に。

頑張れない日があってもいい。
疲れた日は、ちょっぴり手を抜いて。
そんな日こそ、良い器を使いましょう。

豊かな食卓は、今日の癒しと、明日の活力になるでしょう。
ほんの少しの工夫で、皆さんの毎日が豊かな一日となりますように。

 

 

<掲載商品>

丸地紋 二方深鉢

花弁紋(赤)手造り飯碗

花弁紋 手造り飯碗

KACHOボウル

ラウンド・ボウル刷毛

 

<オンラインストアに戻る>

 


 

コラムライター

 

菅原 彩

美味しい食卓・豊かな空間をつくる「食宴プロデューサー」「料理家」。
「食とワインと音楽」をテーマに、ポップアップストアやイベント、料理教室などを運営。
料理と皿のスタイリング/ 食と酒のペアリング/ 食と音のペアリング/ 自然派ワインのセレクト、サーブ/ フードエッセイ執筆/ などの活動をしている。

 note     Instagram